水草を上手にレイアウトするコツ

水草を上手にレイアウトするコツ

このページの最終更新日は2016年12月7日です。情報が古い場合がありますのでご注意ください。

質問(Question)

水草水槽レイアウトについて。
この度水槽を立ち上げようと思うのですが流木等のレイアウト品は使わずにたくさんの種類の水草を使用してレイアウトしようと思います。

その際、レイアウトのコツなどありますでしょうか??

回答(Answer)

最終的にはセンスになってしまうのですが・・・。

スタンダードなのは前に短い草、後ろに長い草ですね。

もう少し発展すると、ど真ん中に長い草、それを取り囲むように短い草ですね。

その他左右に2つ長いエリア、その他は短い草ですね。

・・・などいろいろ方法はあります。

水草を植える時のコツとしては、水槽の前から見て植えるよりも、水槽の上から見て、同種の水草が○の中に入るようにしていく(水槽全体が○と○の組み合わせになる)ようにしていくと上手な人が作ったように見えます。

それから、全面の真ん中あたりだけ短い草を使って、左右と後ろは短い草を取り囲むように植えると密集した感じが出せると思います。

アバター画像

作者:

10年余り観賞魚業界にいた経験に基づく有用な情報を配信しています。
また、このサイトでも使っているWordPressテーマ【HABONE】の開発と配布などを行っています。

年齢:50代 趣味/園芸・ペット・卓球