Amazonからの偽警告メール「アラート:あなたのアカウントは閉鎖されます。」

まあこの手のメールってたくさん来ますから(私だけ?)まず引っかかる人はいないと思いますが一応・・・。

他の所を装ったものははよく来ますがAmazonからって結構珍しいので掲載しておきますね。

以下メール内容です

Amazon.co.jp アカウント検証
タイムセール
 |  アカウントサービス  |  Amazon.co.jp
アカウント検証 検証番号: 検証番号が入ってるリンク

ご注意ください!

大変申し訳ございません、あなたのアカウントは閉鎖されます。あなたのアカウントAmazonを更新できませんでした、これは、力ードが期限切れになったか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。

Amazonをご利用いただきありがとうございます、アカウント管理チームは最近Amazonのアカウントの異常な操作を検出しました。アカウントを安全に保ち、盗難などのリスクを防ぐため、アカウント管理チームによってアカウントが停止されています
24時間以内にあなたの情報を更新しない場合、アマゾンアカウントで何ができるか的を絞ってください

アカウント検証

なぜこのメールを受け取ったのだろうか?
この電子メールは、定期的なセキュリティチェック中に自動的に送信されました。当社はお客様のアカウント情報に完全に満足しておらず、引き続きサービスを継続的にこ利用いただくためにアカウントを更新する必要があります。
Amazonカスタマーサービス

またのご利用をお待ちしております。
Amazon.co.jp

メールの内容で変だなぁというところを赤字にしました。

「Amazonをご利用いただきありがとうございます」なんて笑えちゃいますねぇ。「オハヨーゴジャイマス」っていう外国人みたい(笑)。

html形式でメールを見ると、冒頭の2つのリンク「アカウントサービス」「検証番号」のところのリンクは確かにAmazonのサイトへのリンクのようなのでてっきり本物かと思えますけど、下の方にあるアカウント検証というリンクは「http://Protection-Supprt-AmaZn.com」・・・AmaZnって何?(笑)。

そしてお約束、メールの送信元が全くAmazonと関係なし、ちなみに送信元ドメインはイタリアでした。

ついでに「http://Protection-Supprt-AmaZn.com」も調べたらこのドメインはロシアのものでした。

恐らくこのアカウント検証というリンクをクリックして入力しちゃったらアカウント情報乗っ取られるんでしょうね・・・。

最近のサイトでは通信時に情報を傍受されるのを防ぐために暗号化されていて、平たく言うと「https:」で始まるのがほとんど。もちろんAmazonの公式サイトも暗号化されています。しかしこのAmaZnは非暗号化のサイト。ちょっと知ってれば簡単に判別できますね。

引っかかる人はいないと思いますけど・・・こんなメール届いたらご注意くださいね。

トップへ戻る
Read previous post:
サイトトップページをちょこっと変更しました

パソコンでトップページを表示したときのデ...

Close