「Yahoo! JAPAN – ID登録確認」という迷惑メール

「Yahoo! JAPAN – ID登録確認」という迷惑メール

今回はYahooメールアドレス宛に届いたYahooからのメールのようだったので、危うく..だったが、リンク先URLが表示されるアンカー(リンク文字列)と異なるので容易にフィッシングめーるだと判別できた。

通常の方法でYahoo JAPANへログインすれば、問題ないことがはっきりするので、決してクリックすることなく確認してほしい。

同じ時期に3年使っていないアカウントに対して削除する旨のメールが届いているようだが、それは公式のメール。継続使用するなら一度ログイン&パスワード変更が必要

迷惑メール(フィッシングメール)の内容

メールの基本情報

項目内容
件名Yahoo! JAPAN – ID登録確認
送信者名Yahoo! JAPAN Member
送信元メールアドレスadmin@yahoo.co.jp
Return Pathinfo@aywakm.shop
クリック先URLhttps://account.yaanhnoo.live/

メール本文(引用)

Yahoo! JAPANをご利用いただき誠にありがとうございます

申し訳ありませんが、お知らせします。

お客様のアカウントをアップグレードすると、アカウント情報が失われていることがわかりました。

できるだけ早くYahoo JAPANの公式サイトにログインして、あなたの情報を確認してください。

ご不便をおかけして申し訳ございません。

下のリンクをクリックして、公式サイトにアクセスします。

※フィッシングリンク※

請求書の住所が変更されたのかもしれません。

他の人があなたの情報を悪用した可能性もあります。

【注意】

もし私たちがずっとあなたの情報を受け取っていなかったら

あなたの口座は失効する可能性があります。

フィッシング(迷惑)メールを見分けるポイント

フィッシングメールは、その名の通り、届いた人の不安を煽って偽サイトへカード情報や個人情報を入力させて悪用する「釣り」行為である。

中には巧妙なものもあるが、大抵は以下のチェックを行うことで結構容易に判断がつく。

  1. 日本語の表現がおかしい
  2. リンクとして表示されているURLとマウスオーバーしたときのリンク先URLが異なる
  3. メールの差出人名と実際のメールアドレスが異なる
  4. メールの差出人メールアドレスが、その企業のドメインと異なる
  5. メールヘッダーに書かれているReturnPath(返信先メールアドレス)が、差出人メールアドレスと異なる

特にスマートフォンではマウスオーバーしてリンク先確認というのがしにくいので、安易にタップせず、いつもの方法でアプリなどを起動して、本当にそんなことが起こっているのかを確認するといいだろう。

皆さんの普段の「よく分からないメール」「怖いメール」に、どう対応・対策すればいいか、全てお知らせします。著:大角 祐介
¥2,420 (2022/12/04 13:15時点 | Amazon調べ)
本書の目的は、技術的で難しい表現は極力さけ、皆さんのちょっとした心がけでリスクを下げられることを理解してもらうためですので、気軽な気持ちで是非読んでみてください。著:磯島 裕樹
¥535 (2022/12/04 19:43時点 | Amazon調べ)
Avatar photo

作者:

白黒ハチワレ猫の「モモ」と暮らしています。
このサイトでも使用しているWordPressテーマ【HABONE】の開発と配布を行っています。

年齢:50代 趣味/園芸・ペット・卓球