NHKを騙る迷惑メール「【NHK】サービスの使用に関する通知」

公開日:2022(令和4)年4月30日/最終更新日:

NHKを騙る迷惑メール「【NHK】サービスの使用に関する通知」



迷惑メール(フィッシングメール)の内容

NHK+(プラス)の契約をアップグレードする?というよくわからないメールが届いた。

メールアドレスのドメインもNHKプラスの正規ドメイン(plus.nhk.jp)ではないし、リンク先アドレスも冒頭にnhkというのが入っているだけで、「.top」のサブドメイン。

これに限らずNHK+で似たようなものがあるようで、こちらのPDFで注意喚起されているから注意しよう。

メールの基本情報

項目内容
件名【NHK】サービスの使用に関する通知
送信者名日本放送協会(NHK)
送信元メールアドレス[email]nhkplus-info@mail19.dwqff.com[/email]
Return Path[email]nhkplus-info@mail19.dwqff.com[/email]
クリック先URLhttps://pid.nhk.ro.jpaccountc5e1waf48eb1e6508536b4587dc143bf.yi8hzv.top

メール本文(引用)

NHKのサービスをご利用いただきありがとうございます。

より良いサービスを提供し、サービス品質を向上させるために,NHK契約をアップグレードする必要があります。

アップグレードは無料で、追加の負担はありません。

以下にアップグレードの内容をご紹介します。

NHKのサービスをより有効に活用するためには、NHK+アカウントを登録する必要があります。

アップグレードはアドバンテージで、NHKが提供するものをより多くの画面で楽しむことができます。

顧客により良いサービスを提供するために、更新が必要です。

ご不便をおかけして申し訳ありませんが、NHK +にアップグレードした後、12か月の手数料免除を提供します。

以下のURLをクリックすると、対応方法をご説明したページがご覧いただけます。

--リンクURL--

フィッシング(迷惑)メールを見分けるポイント

フィッシングメールは、その名の通り、届いた人の不安を煽って偽サイトへカード情報や個人情報を入力させて悪用する「釣り」行為である。

中には巧妙なものもあるが、大抵は以下のチェックを行うことで結構容易に判断がつく。

  1. 日本語の表現がおかしい
  2. リンクとして表示されているURLとマウスオーバーしたときのリンク先URLが異なる
  3. メールの差出人名と実際のメールアドレスが異なる
  4. メールの差出人メールアドレスが、その企業のドメインと異なる
  5. メールヘッダーに書かれているReturnPath(返信先メールアドレス)が、差出人メールアドレスと異なる

特にスマートフォンではマウスオーバーしてリンク先確認というのがしにくいので、安易にタップせず、いつもの方法でアプリなどを起動して、本当にそんなことが起こっているのかを確認するといいだろう。

皆さんの普段の「よく分からないメール」「怖いメール」に、どう対応・対策すればいいか、全てお知らせします。著:大角 祐介
¥2,420 (2024/04/21 04:18時点 | Amazon調べ)
本書の目的は、技術的で難しい表現は極力さけ、皆さんのちょっとした心がけでリスクを下げられることを理解してもらうためですので、気軽な気持ちで是非読んでみてください。著:磯島 裕樹
¥535 (2024/04/17 17:13時点 | Amazon調べ)