「そよら上飯田」へ行ってきた

「そよら上飯田」へ行ってきた

本日よりソフトオープンの「そよら上飯田」へ行ってきた。

4月7日グランドオープン前のテストラン?的なオープンだった(これをソフトオープンというのなら4月7日はハードオープンなのでは?とブツブツ...)。

まず戸惑ったのは、有料駐車場。

「え?ゲートないけど..」。

ナンバーを画像で撮影して、出る時は精算機でナンバー入力して認証する仕組みなんだそうな。

1円以上買うと2時間無料になるという料金形態なのだが、個人的には案内が見つからず、右往左往。

せめて会計時に案内してほしかったし、私が行った時には出入り口付近にいた案内スタッフが一人だけだったのが残念だった。

4月3日に再度行った際には、1Fで会計時に「お車でお越しですか?」と聞かれ、駐車券をその場で発行してくれた。2Fへは行ってないので対応してもらえるか、最初の訪問時からその対応があり、たまたまその会計時に聞かれなかっただけかは不明。

きっと何も知らずにそのまま出てしまう人や、精算時にナンバー聞かれて「??」となった人も多かったのではないだろうか?

一度行けば分かるようにはなると思うが、案内をもう少し明確にしてほしいと思った。

記憶ではスマートパークというピットデザイン株式会社のシステムだった。


店内は食品のある1階と日用品のある2階が完全分離。

食品と日用品の売り場が分かれていて、食品売り場には2階の商品の多重陳列が一切ない感じなので、食品を買いながら洗剤などをという買い方ができなくて、ちょっと面倒に思った。

特に初日ということもあって2階は会計待ちの長蛇の列、ちょっと買い物しようと思ってたけどあきらめた..。

多分2階に人を呼びたいのだろうという意図があるのだろうが、地域密着というのなら、足の悪い人や高齢者のためにもワンフロアである程度の買い物ができる工夫を店側でしてほしいと感じた。

2階にはペットショップが入っていて、「猫のエサはどんな感じかな?」と覗いたら、プレミアムフードとウェットフードがあるだけで、いわゆる一般猫(モモ向き)のものは一切なく、それらは1階の一角にあった。

個人的にはちょっと差別かな..なんて思った。せめてペットショップ前にあればペットカテゴリーとして確立できるだろうに...。結構こういうのはインショップ形式や委託販売形式のお店ではよくある風景。ちょっと残念。

あくまで個人的感想だけど、総合的には以前のダイエー(もとい、イオン上飯田)の方が、生活に必要な衣・食の部分がある程度網羅されていたし、ワンフロアで少なくとも食品と日用品が揃ったので便利だったと感じる。

少なくとも私自身は何回も行ってみようという店でなかったのがとても残念だった。

作者:

白黒ハチワレ猫の「モモ」と暮らしています。
このサイトでも使用しているWordPressテーマ【HABONE】の開発と配布を行っています。

年齢:40代 趣味/園芸・ペット・卓球