家猫に危険な場所は意外に多い・・・・・。

公開日: 更新日: すべての記事

家の中でも危険な場所

キッチン

キッチンのガスコンロの上に猫がのぼり、点火スイッチを押して火傷をしてしまう。

また、火事になる恐れも。

キッチンに出ているモノの誤飲・誤食の可能性も考えられるでしょう。

【キッチンでの対策】

ガスの元コックは閉める

ガスコンロカバーをかける点火スイッチにはロックをかける猫をキッチンに入れない

特に留守中は、誤飲・誤食しそうなものは鍵付きの収納スペースに入れておく。

お風呂場

お風呂場に水が入っていて、猫が落ちて溺れてしまう恐れがあります。

【お風呂場での対策】

お風呂に水が入っているときは、猫をお風呂場に入れない

お風呂の水は使ったら抜く。

洗濯機

猫は狭くて暗いところが好きな習性があるため、洗濯機の中に入ってしまう。

猫は1日の大半を寝て過ごすことが多いため、

狭くて暗い場所にいたほうが安心・安全で、邪魔をされずに眠れます。

そのため、洗濯機などの狭くて暗い場所のほうが、ストレスなく快適に過ごせるのかも。

しかし、こっそりと洗濯機に入ってしまうことが多いので、気づかないと大変危険です。

【洗濯機の対策】

チャイルドロックをかける洗濯機を使う前に、猫が入ってないかどうか必ずチェック

(特に子猫は、衣服の間に入ってわかりづらいので注意)

洗剤や柔軟剤も口にすると有害な場合があるので、保管場所に注意

開いている窓

飼い猫であっても、家から脱走したがる猫は存在します。

掃除機をかけているときに窓が開いていたなど

なんらかのアクシデントにより脱走してしまう猫も。

地震に驚いて、開いている窓から脱走、

ベランダから飛び降りて骨折したり、大けがをする可能性もあります。

【窓の対策】

猫が脱走しそうな窓は開けない猫用脱走防止用の扉やパーテーションなどの利用

ストッパー(網戸ストッパーやドアストッパーなど)をつける。

これは、わたしの体験談です!!

想像もつかないような事も・・・・。

猫の室内での事故は、留守中に多いので注意!

室内飼いの猫で多い怪我は、飼い主さんが見ていないとき、すなわち留守中に起こることが多いです。

大切な家族です、飼い主の注意で猫ちゃんを守ってね。

【スポンサーリンク】










コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)