「【楽天銀行】ワンタイム認証用メールアドレスを更新お知らせ」という迷惑メール

「【楽天銀行】ワンタイム認証用メールアドレスを更新お知らせ」という迷惑メール

タイトルからして日本語が変?と思われるメールなので、引っかかる人はいないと思うが一応..。

楽天銀行の振り込みなどで使用するワンタイムパスワードを受け取るためのメールアドレスを変更してほしいという内容のメールのようだ。

以下に記載するように、メールの送信元も、リターンパス(返信用パス)も楽天銀行のドメインではないので、迷惑メールだと思われる。

また、本文中のリンクアドレスも、「.cn」(中国)のドメインなので、まず間違いなくフィッシングメールであろう。

楽天銀行と取引のある方は、いつも通りの方法でログインして本当に銀行経由のメールなのかを確認していただきたい。

迷惑メール(フィッシングメール)の内容

メールの基本情報

項目内容
件名楽天銀行】ワンタイム認証用メールアドレスを更新お知らせ
送信者名楽天銀行株式会社
送信元メールアドレスcontents_b@www.carenet.com
Return Pathd@awertayulizaf.com
クリック先URLhttps://f6j.cn/cgB1E

メール本文(引用)

(受付日時:2022/8/21 11:44:54)

楽天銀行では、会員皆さまのワンタイム認証用メールアドレスについて、

なお、、ワンタイム認証用メールアドレスの関係で、長い間更新されていません。

楽天銀行口座を安全にご利用いただくために。

楽天銀行の振込機能が停止しています。

本人認証の手続きが完了してから、振込機能を再開することができます。

更新手続きはこちら

ご不便とご心配をお掛けしますが、何とぞご理解をいただきますようお願い申し上げます。

フィッシング(迷惑)メールを見分けるポイント

フィッシングメールは、その名の通り、届いた人の不安を煽って偽サイトへカード情報や個人情報を入力させて悪用する「釣り」行為である。

中には巧妙なものもあるが、大抵は以下のチェックを行うことで結構容易に判断がつく。

  1. 日本語の表現がおかしい
  2. リンクとして表示されているURLとマウスオーバーしたときのリンク先URLが異なる
  3. メールの差出人名と実際のメールアドレスが異なる
  4. メールの差出人メールアドレスが、その企業のドメインと異なる
  5. メールヘッダーに書かれているReturnPath(返信先メールアドレス)が、差出人メールアドレスと異なる

特にスマートフォンではマウスオーバーしてリンク先確認というのがしにくいので、安易にタップせず、いつもの方法でアプリなどを起動して、本当にそんなことが起こっているのかを確認するといいだろう。

また、最近のメールでは、それらしい署名(会社情報)が最後に記載されているので、本物か?と見間違えそうなので、気を付けてほしい。

皆さんの普段の「よく分からないメール」「怖いメール」に、どう対応・対策すればいいか、全てお知らせします。著:大角 祐介
¥2,420 (2023/01/22 16:51時点 | Amazon調べ)
本書の目的は、技術的で難しい表現は極力さけ、皆さんのちょっとした心がけでリスクを下げられることを理解してもらうためですので、気軽な気持ちで是非読んでみてください。著:磯島 裕樹
¥55 (2023/01/23 05:49時点 | Amazon調べ)
Avatar photo

作者:

白黒ハチワレ猫の「モモ」と暮らしています。
このサイトでも使用しているWordPressテーマ【HABONE】の開発と配布を行っています。

年齢:50代 趣味/園芸・ペット・卓球