茶くんお疲れさまでした。またいつかどこかで・・・

公開日:2018年11月1日 茶の日記
地域猫 名古屋 茶

本日午前2時半頃、茶くん永眠しました。

ここ数日は食べ物はもちろん、トイレに行ったり水を飲んだりするのも大変な感じでした。

でも最期の最期まできちんとトイレに行って、私たちの呼びかけに反応してくれて・・・最期はほとんど苦しむことなく虹の橋を渡ることができました。

心配してくださった皆さんありがとうございました。

寒くなってきた昨年の同じ頃、食欲がなくなって水も飲まなくなって我が家に来た茶くん。一時はヨーンヨーンと鳴いて寄ってきてベッドにゴロン・・・えーーーっ凄い食欲!!まで回復しました。

我が家に来てたった1年だったけど、楽しかったね!!ありがとう!!

上の写真は外にいた頃の、このサイトを立ち上げた当時の写真です。

茶くんお疲れさまでした。またいつかどこかで・・・


すごい写真ですけど、「うまいもんよこせ~~!!」って感じがよく出ててお気に入りの1枚です。

茶くんお疲れさまでした。またいつかどこかで・・・
「ヨーーン」と鳴いているので部屋を覗いたら・・・ベッドに上がってゴローン「ブラシしとくれよ!!」

茶くんお疲れさまでした。またいつかどこかで・・・


こんな悪さもしてました・・・

いっぱいいっぱい楽しい思い出ありがとね、茶くん。

11月2日 追記

今日茶くんを火葬場へ連れて行きました。

市のホームページでは、紙製の箱に入れて底が抜けないように十字に縛って・・・などなどと注意事項が書いてあったので、スーパーでちょうどいい大きさの普通の段ボール箱をもらってきたものの、やっぱり「味噌煮込み」と書いてあるのはちょっと・・・ということで外に包装紙を貼ってあげました。

以前に私、どことは言いませんが他府県の火葬場へ動物を連れて行ったことが何度かあり、そこでは動物を連れて行くと「その辺に置いといて」的な対応をされてちょっと悲しい思いをしたことが多くありました。

でも今日行った火葬場では茶くんの亡骸を手渡しした係の方の今まで一緒にいた動物とのお別れをする心を汲んでもらえてるんだなぁと感じる丁寧な対応にちょっと感激してしまいました。

「お願いします」と箱を手渡して・・・茶くんとの体とは完全にお別れをしてきました。

よくペットのブログやネコジルシの日記なんかを見てて、亡くなった数日後には別の仔と暮らし始めて・・・なんていうのを読んで「もう次なの?ちょっとそれは・・・」なんて思っていましたが、今日の帰り道車を運転しながら「車の通るところにいつもいて危ないから次はヤンヤンを・・」とふと考えました。長いこと生きてきて初めてそうした方の気持ちが分かった・・・そんな気がしてます。

なるべく家に帰ったら茶くんの使っていたものが目に入らないようにと部屋の中を片付けていったつもりでしたが・・やっぱりところどころにいろいろなものが残ってますね。そして口内炎で苦しんだ象徴の「チャーシュー(茶くんの匂い)」もまだまだ残っています。思い出すと・・・・。

昨日たくさん撮りためた茶くんの写真のうちお気に入りのものを数枚飾って、その前に小さな水入れとエサを置いてあげてます。そしてしばらく別の部屋にいて戻ってくると・・・あれ??エサがない!!

犯人はもちろんモモです。

今まで茶くんがいたので入らなかったコタツにもさっさと入り、以前はよく遊んでいたイトイトやビニロンでも再び激しく遊ぶようになりました。モモはやさしい仔なので今まで相当ストレスがあったのかもしれません。

これからは俺の時代!!とモモは言っていますね。
茶くんお疲れさまでした。またいつかどこかで・・・
ハロウィーンは過ぎましたけどこれはお気に入りみたいなのでそのままにしています。

 comment
  • macaron より: 2018/11/04(日) 7:08 PM

    茶くんのがんばりと、ひまあーとさんとご家族の悲しみを思うと・・・
    なんだかすぐにコメントを書く事ができずにいました

    茶くん虹の橋へと旅立ったのですね
    茶くんには、ぜひうちの子と仲良くしてもらいたいです

    ほんと、なんとお声を掛けて良いものか・・・
    心より、茶くんのご冥福をお祈り致します

    茶くんは、優しい飼い主さんに出会えてほんと良かったですね
    その分、旅立った子達を思うと飼い主様はとても寂しい思いをするのですよね

    • ひまあーと(管理人) より: 2018/11/05(月) 12:20 AM

      コメントありがとうございます。その節はありがとうございました。

      茶くんを私たちが保護して我が家へとしたのは私が知る限り3回目の体調不良の時だったんです。1度目は同じように食欲不振で、2度目は後脚を骨折して・・・その時はいつもお世話してる通称「お兄さん」が一時的に保護してくれてました。で、3回目の前にやはり食欲不振の兆候があって・・・キャリー片手に「連れて帰るよ!」と半ば強引に連れ帰りました。

      それから1年、看取っていただくことはできませんでしたがお兄さんも最期に会いに来てくれて、あったかい部屋で最期を迎えることもできて・・・よかったと思います。

      ただ残念なのは、本当の年齢が分からないこと。いったい何歳だったんだろう・・いまだにはっきりしたことは不明です。そんな仔たちが少なくなることを願っています。

  • おけい より: 2018/11/02(金) 12:46 AM

    初めてコメントします。

    茶ちゃんはうちの子と同じ柄なので、なんとなく気になって
    保護されてからは欠かさず記事を読んでいました。
    奇跡が起こることを信じていましたが、虹の橋を渡って行ったのですね。

    人知れず消えていく野良猫が多い中で、茶ちゃんはあたたかい人たちに見守られて
    最期を迎えられて、とても幸せだったと思います。
    ブログを読んでいるだけでしたが、写真から幸せな様子が伝わってきていました。

    茶ちゃんも管理人様たちも本当にお疲れさまでした。

    • たかさん より: 2018/11/02(金) 10:17 PM

      おけい様

      コメントありがとうございます。
      ブログ続けて読んで頂いて恐縮です、これからも訪問していただけたら幸いです。

  • がんを より: 2018/11/01(木) 6:10 AM

    逝ってしまいましたか・・・。
    茶ちゃんも頑張りましたね。
    この1年、幸せぇやぁったとぉ思うでぇ・・・。
    お世話ぁ、お疲れぇ様ぁでしたぁなぁっ・・・。
    非難をぉするぅ方ぁもぉおるぅけどぉ、
    あなたぁ様ぁのよぉ~なぁ、
    活動ぅされとるぅ方ぁをぉ応援しとぉりますぅ。
    がんばぁれぇっ! 地域ぃ猫ぉっ!

    茶ぁちゃんっ・・・安らかぁにぃなぁっ・・・。

    • ひまあーと(管理人) より: 2018/11/01(木) 7:26 AM

      いろいろ気にかけていただいてありがとうございした。

      何かできたんじゃないか?こうしていたら・・・と思うところはいろいろあります。が、やれることはやってあげられたと思うので素直に「お疲れさん」って気持ちでいます。

      本当に安らかに、眠るように、暖かい部屋で、家族と一緒に最期を迎えられて幸せだったんじゃないかなと思っています。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【スポンサーリンク】