あんず永眠。

あんずの回復を願って、応援していただいたみなさんどうもありがとうございました。
嵐のごとく駆け抜けてあっという間に逝ってしまいました。
人間の身勝手な行動の犠牲になり、可哀想な運命を背負わされながらも
あんずは最後まで頑張りました。
最期を看取れたことで、後悔はありません。
元気な姿になって、里親さんの所に送り出したかったのですが、残念でなりません。
これも、あんずの運命です。
受け止めるしかありません。
そして、こんな不幸な運命の猫をなくすことが、あんずの供養だと思います。
また、心の整理をするまでの少しの間、時間をいただきます。
今まで、読んでいただいたみなさん、有難うございました。

トップへ戻る
Read previous post:
しばらく更新をお休みします

いつも閲覧いただきありがとうございます。...

Close