悲劇の繰り返し・・・・・。

公開日: 更新日: 地域猫日記

三姉妹の保護が出来たものの、すももちゃんとたまみちゃんは元気に走り回っているのに、捨てられてからの事故さえなければ、あんずも普通に歩けていたのに・・・・・・。
そう思うと、可哀想でならない。同時に飼い主に対する怒りでいっぱいだ。
懸命に足に力を入れて頑張るものの、どうしても引きずる形で、見ていると本当にかわいそうです。
昨年は水路で溺れそうになってる状態で助けられた仔猫、今年はこんなことになっている。
捨てた人は、こんな現実を知る由もなく、これからも同じことを繰り返すのでしょう。
思えば、この地域に同じような模様の猫が何匹か居ます。多分毎年生まれる仔猫を毎年捨てているんでしょう。
今は、捨てることになんのためらいも無くなってるんでしょうか?
しかし、これは日本中で日常にあることで、氷山の一角でしかないことも現実。
何とも辛い現実です。

今はこの懸命に生きようと足を引きずりながらも頑張ってる、あんずが元気に走り回れるようになることを願うばかりです。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【スポンサーリンク】