猫を販売するショップや獣医さんへの願い事

ペットショップではワンちゃんに比べると数は少ないものの、いろんな猫ちゃんたちが販売されています。ペットショップで販売されている猫ちゃんたちは「血統書」がついている仔がほとんどで、品種が固定されていると認定された?猫ちゃんたちなので「大事に大事に」箱入り娘、箱入り息子として飼育されることが多いとは思うのですが、その仔たちを飼育するための説明をするときに「不幸な命を作らない様にするための案内」はされているのでしょうか?

「うちは室内で飼育していて絶対外には出さないから大丈夫」

と言われそうですが、果たして100%逃げだしたり外出させてもらったりしたことのない仔ばかりなのでしょうか?

女の仔だったら、うっかり外に出てしまって帰って来たと思ったら妊娠してて・・・と分かりますが、男の仔は?というと全く想像つきませんよね?

というのは、毎年たくさんの猫ちゃんたちが殺処分されてしまったり、野良猫たちが減っていないのは、単に避妊・去勢していない野良猫たちだけが原因?と思えるからです。

もしも販売するとき、獣医さんが診察するときに
「性格も穏やかになるし、繁殖期のスプレー行動や唸りも軽減されるから、子供を取るつもりがないなら避妊・去勢したらどうか?」
という案内を少しずつしてくれたら、もう少し「不幸な命」を減らすことができるのでは?と思います。

飼い猫ちゃんたちはいつでも一緒に獣医さんへ行けるわけで、野良猫ちゃんたちにする「深耕を深めてやっと獣医に連れて行って・・・」という途方もなくかかる時間に比べれば、殖やさない工夫をするのはすぐにでもできることだと思います。

「不幸な命」が増えてしまう原因となってしまうかもしれないというちょっとした危機感があればできることだと思うので、譲渡会などで「避妊・去勢済み」の猫ちゃんたちを里親に出すのと同じように、ペットショップから猫ちゃんを購入して飼い始めるときや獣医さんで定期健診などする際に案内してもらえたらなぁと思います。

トップへ戻る
Read previous post:
地域猫 名古屋 トラの写真
トラ・ヤンヤン・茶の動画追加しました

今日は午後から雨になることが確実なので、...

Close