動物愛護関係のNPO法人や結構な規模で活動している人って実は・・・

猫ブーム?ということもあり、テレビなどでは最近「おもしろ猫動画」とか、野良猫に関する情報とか、被災地で保護活動の模様とか、多頭崩壊や保護して譲渡する団体のこととかが盛んに放送されていますが、ふと、「動物愛護関係のNPO法人」や積極的に譲渡会などを行っている方々はどうやってるのかなぁと疑問が湧きました。法的に云々とかいう根拠のある情報でも足を使った情報でもありませんが、思うところを書きたいと思います。

そこで、ちょっとNPOについて調べてみたのですが、NPO法人=非営利団体=ボランティア=お金儲けをしてはいけないという認識の方が多いとは思いますが、NPOは正式には出た余った利益を分配してはいけない法人のことで、経費として認められる人件費などは対象外となるので世にいう「ボランティア」とは違うんですね。

でも、譲渡会に関していろいろ調べてみると、避妊・去勢代、ワクチン代、医療費などが実費ではなく10,000円などといったいわゆる「まるめ金額」で表示されていますね。これに関しては、実費よりももうら価格が高ければ「利益」となるわけで、動物に対する医療行為を行うことのできる獣医師資格がなければ認められない行為となり、「獣医師法違反」になるのではないかと思います。

ただ、微妙な抜け道として、「地域で一般的にかかる費用として認識されている(獣医師会などで避妊は○○円程度などと話し合われている)場合には、その金額を「実費」として徴収することは認められているわけで、裏を返せば
獣医さんが減額して請求する→認識されている金額を新しい飼い主からもらう→利益が生まれる
という構造は存在すると思われます。これはペットショップなどでも慣例としてやられているという話も聞いたことがありますから、多分NPOでも間違いなくやられていると思われます。

あくまで想像ですが、地域猫活動としてTNRを行う場合には助成金があることはご存じだと思いますが、上記のような仕組みが存在するとすれば、おそらく助成される金額程度で避妊・去勢費用は賄えているのではないかと思います。助成金を受けるには「飼い主が存在しない野良猫」が対象にはなるのですが、それもグレーゾーンに見えてきます。だって、「○○さんが飼っていた猫」と証明するものは何もないのですからね。

簡単に言えばゼロ円で行った避妊去勢費用に対してウン万円を新しい飼い主からもらっているということになります。接種済みワクチン代や獣医代もおそらく同様に・・・。

そして、毎日猫ちゃんたちの世話もしなければならないし、その場所も必要、NPO法人になるためには10人の役員が必要ということを考えると、人件費だけでも結構かかるのでは?と思えます。

そしてNPOは非営利団体ですから、○○円という価格をつけての販売はできないので、これを「寄付金」として設定しているのでは?

さらに、こうした活動をされている方が使っているフードはほとんどがロイヤル●●●という銘柄のもので、ちょっとお高いプレミアムフードを扱っているメーカー。命を助けるためにやっているにしては贅沢なエサなような気が・・・これも聞いた話ですが、ペットショップではそのフードを推奨商品として販売するという約束でサンプルとして無料提供されていることも多いとか・・・。

・・・となると前述した費用と合わせて1匹譲渡すると????となってしまいますね。NPOというだけで、繁殖されている生体を仕入れて販売しているペットショップと変わらないですね。

販売するとなると

「動物の愛護と管理に関する法律」の中から「動物取扱業」について簡単に紹介します。詳しくは、文末にある環境省自然環境局のページを参照ください
で書いた法律にも引っ掛かってくるのでややこしいからNPO?とさえ思えてしまいます。

本当に「動物のため」「命」のためと思ってやっているのであれば、きれいなペイントを施したバスもないでしょうし、譲渡会で新品同様のゲージもないでしょうし、きれいな毛布や設備の中でぬくぬくしている飼い猫よりも贅沢ともいえる環境など存在しないのではないかと思います。

何十匹何百匹と扱われているNPOや個人での愛護活動は、実は利益を生む商売になっているのではないかと思えるのは私だけ?と思えるようになってきました。

本当にすべてを実費でやっていて、補助金や寄付金で運営費を賄っている「まっとうな」NPOってどのくらいあるんだろうと思う人も多いようで、インターネットなどで見ているといろいろな意見があります。詭弁かもしれませんが本当に動物愛護の精神でやっているならどうなっているのかの開示をするなどして「私はまっとうですよ」とアピールしてほしいです。

私が関わっている猫ちゃんたちは、お兄さんによって今後不幸な命が産まれないように避妊・去勢された仔たちばかりです。もちろん外から来る野良の仔たちも来ますが、その仔たちもいずれは何とかしたいけど慣れてくれていないのでできないという思いも聞いています。規模の大きな地域猫活動をしている方々はこうした信念で本当に活動されているのでしょうか?

ワンちゃんが「畜犬登録」をすることや血統管理をしていくことで、価値観を変え、きちんと覚悟をもって飼育する「家族」に変わっていったことにより殺処分される仔たちが減ったように、猫も同じようになっていく社会にはならないのでしょうか。NPO団体や大規模に行われている個人の方々が行っている猫の保護活動がもしも自分たちが生活していく上での「生業」になっているのなら、「需要」と「供給」の原理で野良猫たちは減る由もないですし、殖やさない努力をせずに見過ごしたことで産まれる仔が減ることもないのではないかと思います。

まさか、動物愛護をしていると言いながら実は・・・みたいな報道が未来永劫されないことを心から願っています。

ここに書かせていただいた内容はあくまで私的な意見であり、法的根拠に基づく内容でもありませんし、深く保護活動に携わっているわけでもありません。

トップへ戻る
Read previous post:
突然やってくる、最期の時・・・・・。

野良ちゃん達の最後は、あまりにも急にやっ...

Close