猫の鳴き声は「ニャー」じゃないの?

地域猫 名古屋 トラの写真

ここの猫ちゃんたちは実に不思議な鳴き方する仔が多いです。

普通猫と言えば「ニャー」というのが鳴き声の共通認識ですが・・・ここにいる数匹の地域猫ちゃんたちは全く違います。

「トラ」・・・「マオーーーン」「ンマ」
「ヤンヤン」・・・「ワン」「クルルッ」
「クロ」・・・「ヒャッヒャッ」「ヤウーーン」
「ニュートラ」・・・「アオーーーン」

「牛ちゃん」、「愛想なし」、「茶」は辛うじて「ニャー」が基本ですが、この仔たちは声が小さくてなかなか鳴かなかったり聞こえなかったりがほとんど。

特に「愛想なし」の仔である「トラ」が何故「マオーーーン」なのかが一番不可解ですね。

「クロ」なんかは筋肉質で真っ黒で一見すると迫力あるイメージなのに、声は甲高く、「ヒャッヒャッ」「ヤウーーン」とおおよそ猫とは思えない発声をしますね。

特に不思議なのは「ヤンヤン」。何故「ワン」なのか?

猫の鳴き方っていつ、どうやって決まるんでしょうね?

トップへ戻る
Read previous post:
この犬たちは、殺処分される運命だった。

安楽死が決まって、刻々と迫る死を前に、見...

Close