癌告知から1年経ちました
いろんなことを考え経験しました

公開日:2024(令和6)年6月2日/最終更新日:

癌告知から1年経ちました<br>いろんなことを考え経験しました



昨年の今日(2023.6.2)

突然の癌告知を受けました!!

かかりつけ医で長い日にちを待たされて、やっと内視鏡検査が出来た。

この日は朝から大雨が降っていた

食事制限をして前日から絶食

血圧と体温を測り、下剤を2リットル時間をかけて飲む・・・・

緊張から血圧は凄く高い、おまけに体温も

もっとも体温は5月からはほぼ毎日高かった。

内視鏡検査まで食事は自己判断で消化の良い物、ご飯はお茶づけが主食

肉は食べない、麺類はダメ

食べる物も限られる、当然少食になり痩せていく・・・・

仕事はしていたが、明らかに体力が落ちて歩くのも遅くなってきている

走ることは出来ない

そんななかでの内視鏡検査・・・・

下剤を飲み続けること3時間ほどが過ぎても腸内が奇麗にならない

『 早い人では検査に臨めるんですがねぇ・・・』と、看護師の人が言う

だんだん不安になる・・・・

その頃、外は警報級の大雨

結局、浣腸を2回ほどしてから検査に及んだ・・・・・・

進行してる癌の人はこうなることを知る

2時間ほど寝ていただろう

看護師さんからの声掛けで起きて、検査結果を聞く

先生は何の躊躇もなく

『 癌です、直腸癌です!!』

このひから怒涛の日々が始まった・・・・


連日の高熱に下腹部の激痛からの嘔吐・・・・・  昨年の今頃はかなりの自覚症状、大腸癌は進行していた!!
連日の高熱に下腹部の激痛からの嘔吐・・・・・  昨年の今頃はかなりの自覚症状、大腸癌は進行していた!!