【新型コロナ】皆さん感染症に関する認識が乏しすぎるのでは?と感じる今日この頃

【新型コロナ】皆さん感染症に関する認識が乏しすぎるのでは?と感じる今日この頃

マスクをしてれば大丈夫

ワクチン〇回打ってれば大丈夫

って言ってたのに感染者広がっとるやんけ~~(怒)みたいな発言がSNSで広がってるみたいだけど、みんな認識がおかしない?と当初から思う私。

ウイルス感染症、特に今回の新型コロナウイルスのような飛沫感染のものは、

  1. 感染または、口や喉にウイルスのある人が飛沫(唾、咳など)を出す
  2. 空気中やその辺にウイルスが浮遊したりついていたりする
  3. 他の人がそのウイルスを吸い込んだり、口や鼻から入ったりする
  4. 吸い込んだウイルスが体の中に定着する(いわゆる曝露)
  5. 定着したウイルスが増殖する(いわゆる感染)
  6. 増殖したウイルスに抵抗するため諸症状が出る(いわゆる発症)
  7. 体の中の抗体が必死にウイルスをやっつけて、運がよければ完治、悪ければ後遺症が残る

という道程をたどるもの。

つまり、発症という段階にならない人でも体内にウイルスを持っていて、ほかの人へ移す可能性が十分にあるということ。

私は対策してるし、体調良好だから大丈夫ってことでは決してない。

そして、感染症対策とは基本感染する確率を下げる行動のことと、感染してしまった人が死に至らないようにすることをいう。

1つは、ウイルスを含んだ飛沫を周囲にまき散らす確率を減らす、空気中に浮遊しているウイルスを吸い込む確率を減らすためにするマスク。

もう1つは、もしも感染してしまったときに、発症後重篤な症状(特に新型コロナは肺炎)にならないようにあらかじめ戦うための抗体を作っておこうというのがワクチン。

発症というのは先に書いた通り、結構後のプロセスだから、ワクチンで感染が予防できるというのは、あくまでも発症前に殲滅できる可能性があるのかもという話。

実際にインフルエンザのワクチンを打った人でも発症する人がいるのだから、「ワクチンを打ったから感染しない」というのは少し誤った認識であることに違いない。

この2つの対策を施しても残念ながら感染拡大が抑えられなかったら、ウイルスの宿主(ウイルスが生きていける環境を持つもの)である人間同士が接触する機会を減らす(行動の制限)ことをするしか方法がない。

つまり、政府が行っている感染症の対処方法は決して間違っていない。

さらに言えば、今回の新型コロナウイルスの対策で難しいのが、発症してからウイルスをまき散らして感染を広げる性質ではないこと。

発症(熱などの症状が出る)2日位前から、すでにウイルスは他の人へばらまかれるべく飛沫の中に含まれるという発表もある。

これは初期の頃から他のウイルスと違って怖いところとさんざんニュースなどでも報じられているから、流行初期には耳にした人も多いだろう。

先に書いたように、感染症対策はあくまでも感染確率を下げる行動。

マスクをするよりも、ワクチンを打つよりもまず、感染確率の高い行動をしない(要は不用な外出や人との接触はしない)ことが大事。

私が最近何より危険と感じるのは、手についたウイルスに対して無頓着になっているのでは?ということ。

ウイルスは環境がよくないところでもある程度生き残ることができる。

それが人間の体に入って環境がよくなれば簡単に増殖する。

最近手洗いはしっかりしてるか?以前と比べてマスクしてるし、ワクチン打ってるし..と手洗いは怠っていないか?一度自身に問うてほしい。

もちろんアルコール系の消毒液によってコロナウイルスが破壊される(死滅する)ことも分かっているから、消毒も大事。

でも確率を下げるためには、手を洗える環境があるなら洗い流すのがマストだろう。

せっかく手洗いをするなら、ウイルスを死滅させる効果がある界面活性剤を含んだもの(除菌を目的としたハンドソープや食器用洗剤)を併用するのがベストだろう。

そうしていろいろと対策をしても、やっぱり確率の問題だから、人が動けば感染者は増える、これは仕方ない。

政府も感染者が増えたとしても、重症化したり死亡する人が出る確率を下げるためにワクチンの接種を推奨しており、これも妥当な対策。

その上で、現在行動制限はしないと言っている、これも妥当。

だが、一人ひとりの対策はどうだろう?

意味も分からずマスクをしていて、肝心な時にはマスクなし、蜜は避けてと言いながら人の密集した店に行き、換気のために窓やドアを開ければ「暑い」と言う。

外食で、ものを食べるたび、何かを飲むたびにマスクを着け外し..なんて、ましてやアルコールが入ったらできないかも..と分かっているのに飲食店へこぞって出かける。

暑いなら、感染を広げたくないなら、自身が感染したくないなら、そもそもそんな場所へ行かなければいい。

大事な人の感染のリスクを減らしたいならなおさらだと思う。

さらには飛沫を吸い込む確率の極めて低い屋外でも暑い暑いと言いながらマスクを着け、飛沫のありそうなエアコンの効いた屋内でマスクを外して「暑かったねぇ~」なんて深呼吸してないだろうか?

意味が分からない...。

そして最たるところでは、未だに「緊急事態宣言」などで行動制限される前に..などとまるで最後のチャンスと言わんばかりに旅行や外食に出かける人がいたりする始末。

どうしたものかと日々思う...。

最後に、「自分はマスクもしてるし、蜜な場所にもいかないし、感染対策はしてる」つもりの人が思わずやってしまって感染リスクを高めているかも知れない例を挙げておく。

  • 大皿料理を各々の箸で取って食べている
  • くしゃみで飛沫が飛ばないように覆った手で、そのままいろいろなものに触れている
  • 食事の時思わず出てしまう咳やくしゃみを食べ物に向かってしてしまっている
  • 手洗いや消毒をしていない手でおにぎりを食べる、お菓子を食べる
  • 家族や親しい友人と回し飲みやグラスの共用をしてしまう
  • 玄関や玄関先へついつい室内用のスリッパや素足で出てしまう
  • 洗浄済みであるからと、スーパーで買った野菜や果物を洗わずに生で食べる

挙げだしたらキリがないが、すべて飛沫が付着しているかも知れないものを触って口の中へ入れることで起こるものが多く、気を付けていても気づかぬうちにしてしまうことも多い。

もしも会食に出かけて、そのような行為をする友人や知り合いがいたら、お互いに堂々と注意しあえる..そんな人間関係を作りたい。

ワクチンによって重症化を防ぐ確率は上がっても、まだすぐに買えてすぐに効果のある市販薬はないのだから...。

Avatar photo

作者:

白黒ハチワレ猫の「モモ」と暮らしています。
このサイトでも使用しているWordPressテーマ【HABONE】の開発と配布を行っています。

年齢:50代 趣味/園芸・ペット・卓球