どうやら危機は脱したみたい

公開日: すべての記事 モモの日記

新しい猫が来たことでストレスになり、先住猫が食べなくなる・・・そんなことが起こった我が家。

ご存知の通り、新しい猫とは【ココ】
どうやら危機は脱したみたい
のことで、

先住猫とは【モモ】
どうやら危機は脱したみたい


のことです。

【モモ】にとって別の猫が登場するのは3回目、1匹目は【茶くん】
どうやら危機は脱したみたい
2匹目は【ココ】の娘、【トラ】
どうやら危機は脱したみたい
です。

【茶くん】はもともとエイズキャリアで真冬に相当弱っていたところを保護、その後一旦元気になるものの約一年で他界しました。そして【トラ】はほぼ食べない状態で約一週間、母猫である愛想なし(現【ココ】)に守られるようにして弱っていったところを保護したものの、数日で他界してしまいました。恐らく【モモ】にとってこの2匹は死期が近いことが分かっていたのか特に【モモ】自体に変化はありませんでした。

しかし、【トラ】がいなくなって寂しいだろう、外にいたのでは体調管理もできないから【茶くん】や【トラ】のような状況からではどうしようもない・・ということで一緒に暮らそうと一大決心をした【ココ】は、決して若くはない猫ですが健康状態は良好な仔。

保護当初は大暴れ!近づくと「シャーー」と言われる程怯えていたのを、約2か月かけて
どうやら危機は脱したみたい
まで慣れてくれました。

順調順調と思っていたら、今回の【モモ】の拒食


まさか、まさかでした。

今思えばやっぱり【モモ】は何かの病気だったのではなく、私達が先住猫として「あんた、年下だけどお兄ちゃんなんだから!!」という関わりを知らず知らずのうちにしてしまったストレス以外の何物でもありませんでした。

それから数日、【ココ】はもう我が家の仔だと思っているのだから強く注力するのをやめ、【モモ】とできるだけスキンシップを取ったり、安心してごはんが食べれる環境にしたりと工夫をしたら、見事に戻ってくれました。

今では普通に食べ、暴れ、鳴き、すっかり元の【モモ】に戻ってくれ、ほっと一安心しています。

そんなのが伝わったのか・・・冒頭の写真のように2匹で眠る姿を見ることもできるようになりました。今のところ【モモ】のいる場所へ【ココ】が来ちゃってモモが仕方なく受け入れる感じではあるものの、それを繰り返しているうちに仲良く・・・なってくれることを願っています。

コメントを残す

【スポンサーリンク】