保護猫「モモ」「ココ」とのいつもの暮らし

四十九日が過ぎ、トラの最期のこと書けるまでに・・・・

公開日: モモの日記

獣医さんに連れて行こうと決心した11月2日

その3日後、虹の橋を渡るなんて全く思っていなくて、まさに青天の霹靂。

余りにも突然で、頭の整理もつかないままの死

どうして、どうして?

そればかりが頭を巡り、息を引き取っても涙も出なくて・・・・・・・・。

この写真、獣医さんから帰って部屋にいる時のトラ

このトラが?

獣医さんで計ったトラの体重が4キロしかない、モモと同じだった

体長からしてあまりにも痩せていた・・・・・・・・。

獣医さんは食べないことに対して歯肉炎を疑い口の中を見る

右の上に虫歯があり化膿出血しているということで、痛み止めと抗生剤の注射

翌日には食べれるようになると云うことでした。

確かに茶くんの時と同じ口臭があり、自分でも納得

まずは食べれるようになる事が第一、あとは様子見でという思いで帰りました。

翌日(11月3日)、食べない。

獣医さんの指示通り、補液をしようとしたが、頑なに拒否

まだ抵抗する元気は残っていた。

こちらも、安易に考えていたのがいけなかった、夕方再度挑戦し150CC入れた。

夜、調子良さそうだったので、かつをのタタキをあげると少しだけれど食べてくれた。

そして、自分の力で自然にシッコが出た

少し光が見え、食べれるようになったら

愛想なしが待っているから、早く外へと考えていました。

11月4日、朝

やっぱり食べません、そこで明日もう一度、獣医さんへ行こうと決め2回目の補液。

夕方、仕事に行く時も普通にしていたので、何の心配もなく、行って来ますの挨拶もせず

出掛ける.

仕事の状況次第で朝までの勤務もありえたが、帰宅できる旨電話をすると、

トラ急変の知らせ(PM11:00)。

大急ぎで帰る!!

トラは体を横にして、息が荒く苦しそう

その姿を見て、頭が真っ白!!

家に帰って、30分後トラは虹の橋を渡ってしまった・・・・・・・。

家に来て3日目の夜のこと、本当に駆け足で逝ってしまった。

残るのは、後悔だけ・・・・・・・。

トラ、2019年11月5日AM0:40、永眠
  • ネコジルシ
    でも日記を書いてます。よかったらどうぞ!!

QR Code

このページはモバイル端末でもご覧いただけます

左のQRコードを読み取っていただくと、このページのURLが表示され、簡単にアクセスできます。ぜひモバイル端末でもご覧ください。

【スポンサーリンク】