今日はとっても怖い運転をする車に2回遭遇しました

公開日: 更新日: その他の日記

最近頻繁にニュースで出てくる高齢者の事故。ほとんどが何かをきっかけにしてパニックになったことからペダルを踏み間違えての惨劇だと思います。

いろいろな報道を総合すると大事故になる流れとしては多分こんな感じじゃないのかな?

  • 何か(人や物)と接触する
  • 「何だ?」と思ってブレーキを踏んでいるつもりでアクセルを踏む
  • 「止まらない~」とさらにアクセルを踏み込む
  • 「なんで止まらないの?」と思っているうちにコントロールが不能になる

・・で何でこうなったの?と目を覆いたくなるような大惨事になる・・・。

私はまだ高齢者ではありません(笑)が、若い頃と比べたら動体視力も落ちてるし、体のコントロールも鈍くなっているのが実感できているので、だいぶ慎重に運転するようになりました(と思ってます)。

そんな中、恐ろしい運転をする車と今日は2回も遭遇しました。

まず1つ目は右折レーンで対向車が切れるのを待っている時のこと。

私が先頭にいて、ちょっと対向車が切れるところがあったのですが右後方から自転車が来ているのが見えていました。

当然私は車の切れ目で曲がれたとしても自転車が来る!で停止したまま、すると私の後ろの車が私の右から強引に右折していきました。

案の定横断歩道に自転車が差し掛かる・・・え??車の運転手全く自転車見えてない??当たる寸前で自転車も車も気づいたようでお互いに避けられたので大事に至らず。もしかしたら事故の目撃者になっていたかもしれません。その後もその車は細い路地を猛スピードで走り去っていきました・・・。おーーーーこわっ!!

2つ目は1つ目の恐怖の直後。右折して優先路を走行中しはじめた直後の出来事でした。見ると左前方から車が来ているのが分かりました(相手は「止まれ」です)。

「あーーーこっち見てないかも・・・」、予測通りその車は一時停止することもなくヌルヌルと出てきたかと思ったら・・・そのままこちらを見ることなく左折(つまり私の前に・・)。

まあ明るい時間帯だったのでこちらを見てないことが分かっていましたから予測できて何もなかったのですが、そうでなかったら・・・おーーーこわっ!!

1つ目は何かを配達するような車、多分若い人か自信過剰の人でしょう。2つ目は結構ヒット痕のある車に乗ってるおばちゃん?でした。

高齢者が突然・・も怖いですけど私としてはこういう人の方がよっぽど怖いです。

もしも1件目が事故になってたら速度からしても大変な事故になってたんだろうなあ・・・。

もらい事故なんてこともあるわけですから皆さんも気を付けて運転しましょう!!

それにしてもスマホ見ながら、信号待ちですぐにスマホを触る、スマホ持ったままの運転手、何とかならんのかなぁ・・・。そんな車に限って突然加速、突然ブレーキ、突然の右左折、そしてノーウインカー。まったく・・怖いっての!!

運転とは別の話ですけど、この間スーパーの駐車場で明らかに健常者が堂々と身障者用の駐車場に車を駐車するのを目の当たりにしました。しかも携帯で電話しながら駐車、そのままスーパーの中へ・・・どうなってるんでしょうね。さらには別の身障者駐車場に駐車している車へ戻ってきたのは・・・なんと家族連れ。小学生くらいの子供も2人いました。こういう光景を見て別に身障者用駐車場に車止めていいんだ!なんてモラルが継承されていくんでしょうね・・・。困った世の中です・・。

【スポンサーリンク】










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)