これが悲しい現実だ!!

地域猫ちゃんとのはじまりは

いつも、夜公園にひとりでいた

牛柄の牛ちゃんとの出会いから始まった。


              牛ちゃんとトラ

19年近く一緒に暮らしていた猫が虹の橋を渡って半年位たった頃だ

それまで、たまに猫見かけるなぐらいの感覚でしかなく・・・・・・・。

そしたら、ここには他に、ニュートラ、15歳の白黒、はっちゃん、トラ、愛想な

し、クロ、ヤンヤン、茶ちゃん。

みんな、避妊去勢が済んでる、さくら猫でした。

『 さくら猫 』と云う言葉を初めて知りました。

出会いから3年過ぎました。

その間に、はっちゃんは見かけなくなったと思って半年ぐらい経って、白骨死体

で発見。

一昨年夏の初め、牛ちゃんが水死体で・・・・・・。

人懐こい牛ちゃんの最後は、かなりの衝撃でした・・・・・・。

そして、去年の夏クロちゃんが忽然と姿を消して行方知れず。

茶ちゃんは、家に保護して1年後の11月1日腎不全と口内炎と猫エイズとの戦いに

敗れて、虹の橋を渡る。

外猫ちゃんの暮らしの過酷さ、現実だ。

同時に、10年前は『 もっと、もっとたくさんいたねぇ~ 』と云う言葉を耳に

する。

確実に、避妊去勢、毎年のようにある捨て猫の里親探しが実を結んでいる。

これもすべて、長きに渡り活動を続けてきた方々の賜です。

そんな活動をしてる人々に、『 エサやりをするから野良猫が増えるんだ、迷惑

だとか無責任だ 』とか、何もしない人が云う言葉。

悲しいねぇ!!

トップへ戻る
Read previous post:
1DSC_0032
コンビニのごみ箱に捨てられていた仔猫の話

                    ...

Close