WordPress用無料テーマ配布&保護猫「モモ」「ココ」とのいつもの暮らし

ブログマーケティング?って結局こういうことなのかな?

公開日: その他の日記

私の持っている【ブログマーケティング】というものの認識が違うのかも知れませんけどちょっと気になったので・・・

ブログってウェブログ=インターネット上の日記のことで、このサイトも猫ちゃんたちのプロフィールなどといった固定的なコンテンツはあるものの大半は日記、まあブログに毛の生えたものだと思います。

結構書いても書いてもあまり反響や閲覧もなくただただ・・・って感じなんですけど、それでもこうした脱線記事を除けば外で暮らす猫たちの記憶を記録にするという意義のあることとして継続させていただいています。

インターネット上で何かを見つけるときどうしてます?やっぱりググるなどの言葉がある通り検索エンジンの入力窓に文字いれて「検索」ボタンクリックですよね?

でもブログってそんなに長い文章でもないし、ジャンルが絞られたものでもないからなかなか検索でヒットされて見てもらうなんて機会ないんですよ(ブログでアクセス解析などしてる人ならお分かりかと思います)。

となると・・・芸能界と同じで露出度がいかに増やすか?がポイントとなるわけですね。

普通に?まじめに?検索経由でアクセスしてもらおうとすると、そのサイトにだけオリジナルな内容で検索エンジンの評価として「これは意味がある、意義があるページだ」と認識してもらうことが必要で、それを総じてSEO対策なんて言います。

ただやっぱりブログ(日記)で毎回そんなものも書けないから結局ブログを開設したけど誰も見てくれないし・・であまたあるブログは1年も経たずに消えていくんです。

ではどうやってブログをたくさんの人に見てもらうの??ということになるんですけど、やっぱり露出を増やすしかないんですよね。

常套手段としてはブログランキングへの参加や自身のSNSへの同時投稿。このサイトもブログ村への参加とブログサークルへの参加をしています。

少し話を戻して・・・ブログは内容から検索経由でのアクセスが少ないですから、最終的には「このブログ面白いから後から見えるようにしておこう!」とブックマークしてくれたり、RSSフィードリーダーで読んでくれたりというのが自然に増えてだんだんそれなりになるというのが普通の道筋かと思います。

そして、検索エンジンで検索したときの順位を決定する仕組み(アルゴリズムって言います)はこれとは関係ないですからどうせブログなんて検索経由で来ないんだし・・・でこんなことをされている方がいました。

それは・・・たくさんのブログサービスにブログを立ち上げて日記をすべてに反映されるようにするという手段。検索エンジンアルゴリズムは全く同じ内容の文章があるサイト同士をコピーサイトって認識して順位を下げるという機能も持っています。つまりたくさんのブログに全く同じ文章があれば検索でのアクセスはどんどん期待できなくなるってことなんです。

でも・・・どうせ検索経由で来ないなら「そんなの関係ねぇ~~~」っていうのがこの手段なんです。

どのサイトということは言いませんが、そんな仕組みを持つサイトをたまたま見つけてしまって、ええ~~~っこれ邪道じゃないの~~~と思いましたけど、結局は露出を増やして誰かがどこかで共感してどのブログでもいいから見てくれる人が増えればいいのですから、それはそれで1つの手法なんだろうと思います。

ブログの露出を増やして読む人が増えれば、そこにちらっと入れてある本当に売りたいものやことも見てもらえる確率が上がるわけで・・・まさにマーケティング手法と言えるんだと思います。

微力ながら私はある程度サイト作りができますのでどんなツールや仕組みを使ったらこの方法ができるのか?というのは想像できますし、やったらもうちょっとこのサイト(というかこのサイトに書いたもの)がいろいろな場所で見てもらえるのかとも思えますが、ひとまずこのまま本サイト+ブログランキングという形で頑張ろうと思います。

まあ冒頭に書いた通りこうした脱線記事を除けば外で暮らす猫たちの記憶を記録にするという意義のあることとしてこのサイト作ってるんだし・・・。

以上猫とは全く関係のない、日常とは全く関係のない他愛もない記事でした。

興味のない方は写真同様あくびが出ちゃいますね。

  • 記事の作者:

  • 白黒ハチワレ猫の「モモ」、サバトラ猫の「ココ」という2匹の保護猫と暮らしています。
    WordPressというツールを使ったホームページ作りをしています。
    ココナラというサービスでWordPressサイトのカスタマイズ・修復・引っ越しなどを受け付けていますので、お困りのことなどあれば気軽にお問合せください。


QR Code

このページはモバイル端末でもご覧いただけます

左のQRコードを読み取っていただくと、このページのURLが表示され、簡単にアクセスできます。ぜひモバイル端末でもご覧ください。

【スポンサーリンク】