その義援金や募金はきちんとそこに届いていますか?募金詐欺に注意!!

先日起きた通称西日本豪雨(平成30年7月豪雨)。たくさん犠牲になる方がいて、この酷暑の中、今でも避難所生活を余儀なくされている方も大勢いて本当に大変だと思います。

そんな中でテレビではさかんに災害義援金を募るアナウンスがされています。

私には人を助ける・・・なんて余裕はないので何もできませんけど、これを利用した?悪用した?と思える記事が2つありました。

1つはこれが政治利用されたこと。

多分聞き逃せばそれまで・・・という内容なんですけど、今審議されている法案(IRや参議院の定数是正など)に反対する野党の抵抗材料として「こんな事態が起こっているのにこの件を審議するのはどうか?」という発言があったことです。

あまり今の与党を支持していない私ですが(入れる人がいなかったから〇〇党とした有権者が多かったと思うので・・・)、国を動かす法案の整備をしている、いわば未来のことを決めている場で今起こっていることをピンポイントで引き合いにだすのはどうかと感じました。論点が違う!!それしか材料がないのか??と思えて仕方ありません。そもそもそれなら政治家が率先して現地で復旧活動にボランティア参加したら??復旧に参加するべく現地へ行くので審議には参加できない!と野党議員も秘書も関係者全員が現地へ行ってて野党議員が全員欠席だったら納得いくんですけどね。

もう1つは義援金や募金の行方。

これについてはかねてから疑問があって、誰が取りまとめてるの??どう分配されてるの?そもそも現地に届くの?と思っていました。

あえて例示はしませんけどもうすでに分配がある程度終わっている東日本大震災について「東日本 義援金 使い道」などでググると、ほぼ100%のとりまとめを行っている日本赤十字社にもきちんと収支が載っており、各自治体でもきちんとしているところは第〇次分配の内訳などとして公開しているところもありました。もちろんこれの源泉である義援金の収入額が正しければの話ですけど、疑い出したらキリがないですからこの辺にしておきます・・・。

詳しく調べて行ったらこの「義援金」や「募金」には法的な規制はないようで(私は法律家ではないので正しくは個人で調べていただきたいと思います)、駅や街頭で「〇〇の募金をお願いしまーーーす」と活動を行ったり、ネットなどで募ることは決して違法行為ではないそうです。

で、それらがどう使われているか??皆さん知ってて募金や義援金の振込などをしていますか??当然募金しているところには人はいますけど、終わったらどこへ??は多分誰も知らないですよね??募金箱にお金入れるのにいちいち素性を確認もしませんし・・・。

でもこれを利用した詐欺があるそうなんです。要するに「〇〇の募金お願いしまーーーす」と声高らかに募っているその箱に入れたお金が実は個人の懐に・・・ということがあるそうなんです。困っている人の助けになれば・・・が実は・・・ということなんです(あーーーむかつく)。

更には大きな災害などがあると、有名人・著名人などがチャリティと称してイベントを行ったり、物を販売したりしますよね??これもどの程度が義援金として使われてるかって知ってます??大抵は「一部が義援金として寄付されます」なんて謳ってますけど一部ってどんだけ~~~??

そこで調べてみたら、海外に豪邸をいくつも持ってるけどこの人何やって稼いでるの??とかねてから思っていた某有名人は過去にあった災害の時にウン千万円のイベント収入を得ながら2~300万円しか実際には義援金として現地へ送られなかったんですって。まあチャリティイベントを開催するにもお金がかかる話ですから仕方ない部分はあるとはいえ、数十~数パーセントって・・・・どうよって感じですよね?

皆さん店頭やイベント、駅などで募金や義援金などを募っていたら、試しに身分証と活動内容を聞いてみるということも必要な時代になったのかもしれませんよ。

トップへ戻る
Read previous post:
地域猫 名古屋 牛ちゃんの写真
衝撃の水死体発見から1年。

丸々と太っていた牛ちゃんが急に激やせし、...

Close