腎臓にやさしい市販の低リンフード食べず・・・茶ちゃん食欲減退気味

リビングへ時折顔を出すようになってきた茶ちゃん。先住猫のモモも仲良く!!とはいきませんが大分見慣れてきたようです。

モモにとっては人間以外の動物との初対面ですからそりゃ緊張するし怖いし・・・仕方ないですね。見慣れて→匂いに慣れて→動きに慣れて→近くにいても気にならない・・・段階的にそうなってくれればOKだと思っています。

茶ちゃんを保護してすぐは一緒にいる時間が長い方が早く馴れると思っていましたけどモモがあまりにも怖がってしまって大失敗!!茶ちゃんの居場所を作って茶ちゃんはそこから遊びに来るっていう状況にしたらお互い落ち着いたようですね、よかったよかった。

保護して2週間、行動と目の輝き?を見ているとやっぱりいろいろなところで人間食を食べていたのが分かります。味が濃い、塩分が高いものばかり食べていたらそりゃ人間より内臓が小さく腎臓で働く物質が少ないわけですからいずれは腎臓が悪くなるってもんです。

我が家では人間の食事はもとより生魚・ささみなど「食べないからこれならどう?」というものは一切与えず、やる気と根気と時間をかけてドライフードに慣らしていってます。

で、カリカリフードのみの生活にも慣れ、置きエサも徐々に食べるようになってきたからそろそろ・・・とホームセンターに売ってたリンの少ないドライフードを購入。切り替えてみたものの・・・食欲は一気に減退してしまいました。

こうなると振り出しに戻る・・ということで、元のエサに戻し、やる気と根気と時間をかけてもう一度食欲が落ちないようにして、少しずつ少しずつ低リンフードに再挑戦していこうと思っています。

トップへ戻る
Read previous post:
少しずつ縮まるふたりの距離。

保護猫の茶ちゃんがやってきて2週間、ふた...

Close