去年の今頃何を書いてたかなぁ・・・が分かるWordPressのプラグインを紹介します

このサイトは今や定番となりつつあるWordpressというサイト作成ツール(これを総称してCMSと言います)を使って作成しています。日記がダラダラと連なる形のブログとは違っていろいろな機能や表現ができるので作るだけでも楽しいツールです。

昨日ここの地域猫である「ヤンヤン」がいない!という

今日は本当に寒くて空気がまさに真冬な感じ。12月の気候だそうです。 そんな中、トラに追われて段ボールハウス付近にはいないヤンヤンが今日...

日記を書きましたけど、公開してからよーく見たら、何だ去年の今頃もそうだったんじゃん!!というオチが付きました。

どうやらヤンヤンはこの時期にいなくなるみたいです。そういうのが分かるのでやっぱりこのサイト作ってよかった!!と思いました。もしも書いてなかったらここの猫ちゃんたちの歴史はどこにも残らないですからね。

ところで去年も一緒だったんだとどうやってそれが分かったのか?それは追加機能である「プラグイン」を1つ使っているからです。

プラグインの名前は「Historian」。あまり人気のプラグインではないようですが・・・

「Historian」は1年前に公開された「投稿」のタイトルをダッシュボードやサイドバーウィジェットへ表示できるプラグインです。「公開日」ベースで自動的に表示してくれるので、日記サイトやニュースサイトで重宝すると思います。

一応私が作る別のサイトで紹介記事書いてますのでよかったら見てみてくださいね。

このプラグインが何をしてくれるのかというと・・・昨年以前の今頃公開した記事のタイトルを表示してくれるんです(前年分だけだと思ってましたが、長く運用しているサイトで試しに導入してみたら前年以前のものも引っ張り出して表示してくれることが分かりました)。

このサイトのように画面右側(サイドバー)に「最近の出来事&去年の今頃」といった感じで表示することもできますし、何よりもダッシュボード(管理画面)上に表示されるのがいいところだと思います。

特に別の場所へ記録するわけでもなくその都度計算してデータの中から引っ張り出してくれるので、途中から導入しても問題なく表示されます。

日記サイトはちょっとした歴史なのですから、その歴史が表示できるのでいい機能だと思いませんか??正確に前年の同じ週を特定するのは手動でやっても基準が難しいところなので、一応計算式に則ってそれなりな感じにはなってしまうようですから「あれ?去年は何もなかったっけ?」なんてこともありますが、いちいち管理画面の一覧で去年どうだったかなぁなんて検索しなくてもいいから便利ですね。

WordPressにはこういう「ちょっと楽しい機能」を追加するプラグインがいっぱいあります。日記を書くことよりもサイトを作ることに没頭してしまう位たくさんありますから、肝心の日記を書くという作業がおろそかにならないように気を付けましょう!!

トップへ戻る
Read previous post:
「呼んでるよ~」なのか「誰だあいつは・・・」なのか

毎朝だいたい4時位になると、我が家のモモ...

Close