最期に牛ちゃんと会ったとき

公開日:2017年7月24日 牛に関する日記
地域猫 名古屋 牛ちゃんの写真

7月14日(金)の夜10時頃いつもの公園に行くと、何処からともなく直ぐ足元にいた牛ちゃん。
いつものベンチに腰掛けると直ぐに隣に寄って来る、お腹空いてるのかとあげても食べない。
ずっと、隣にいて周りを警戒。
いつもなら、膝に乗って来るのに、ずっと座ってる。
喉が渇いていないかと思い、水飲場まで抱いていく、でも飲まない。
ベンチを変えて座ると、直ぐに隣に来る、ずっと座ってる、30分ぐらい一緒にいただろうか?
そろそろ、帰ろうかと立ち上がると、「ニャーァー」と鳴く、もっと一緒にいようとでも言っているのか?
そんなことを何度か繰り返して、帰る。
・・・・・・・・・。

水路で死んでいたのが牛ちゃんとすると、幾つかの疑問が残る?
トラともクロちゃんとも、顔を会わせると睨み合いになるような牛ちゃんがなぜ、なぜあそこに行ったのか?
天敵ともいえる、プロジェクトと何処で鉢合わせになるかもわからない、なぜ一番安全な公園から離れたのか?
危険をおかしてでも会いたい人がいて、会いに行こうとしたのか?
最期に会ってから今日で10日。
いつもの公園に行くと、またどこからともなく牛ちゃんが足元に現れるような気がする・・・・・・。
あの時もう少し一緒にいてあげればよかった!!

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【スポンサーリンク】