猫の飼育と他の動物の飼育の違い

公開日: 更新情報ほか

今までに熱帯魚、金魚、犬、プレーリードッグ、ハムスター、ウサギ、亀、トカゲ、文鳥などなどいろんな動物を飼育した経験がありますが、生涯で猫を飼育するのはモモが初めて。熱帯魚や金魚は別としてハムスターなどは夜行性だから猫と同じなのですが気づいたことがあります。それは・・・猫は垂直方向に強くて手先が器用な動物だということ。

あたり前の話ではありますが、今まで飼育した動物はそれほど垂直方向に気をつかうことなく、いわゆる手の届かない場所に物を置くようにすれば問題なかったんです。犬のジャンプ力はしれてますし、文鳥はそれほど悪さしませんからね。

でも猫は違う😢前足の引っ掛かる場所ならどこでも行ってしまうし、何より好奇心旺盛!!何だこれ?と思うと匂いを嗅いで手で触って、時には戦ってみないと分別がつかないんですね。今までと勝手が違うからイライラするわけです😡😡

まあ、今でもイライラしないことはありませんが、これに気づくと案外冷静でいられますね。「はいはい、飽きるまでやってみてちょーだい」見たいな気持ちで接することができます。

そういえば先日発見した、モモがおとなしくなる抱え方
猫の飼育と他の動物の飼育の違い


写真の赤丸のところを下から抱えて背中が伸びるようにすると・・・何だかおとなしくなります。

他の猫ちゃんはどうなんだろう。脇の下には口が届かないみたいで噛まれることもあまりないし、いい方法を発見しました。

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【スポンサーリンク】