保護猫「モモ」「ココ」とのいつもの暮らし

積み木くずし的しつけ ~2日目~

公開日: モモの日記

昨日からスタートした「モモ」のしつけ大作戦、名付けて「積み木くずし的しつけ」。いつもなら、悪い事するとちょっと大きな声で叱ったりしていましたが、昨日からは全く声を出さず、例えば乗ってはいけないところへ行ったら無言で降ろしてという風に、いわゆる「無言」のしつけをし始めました。

すると少し変化が・・・

モモはいつもと違うことが感じられたようで
悪いことをすると(分かってはいるようです)こちらをちらっと見て「こんなことしてるよ!怒らないの??」といった目で見てきます。が、これを相手にするとモモの思うつぼ、モモは構ってほしいだけなのでいつもならここから闘いが始まってしまうところを完全無視。最初はいたずらがエスカレートしていましたが、半日後位にはあまりひどいことはしなくなりました。おそらく効果てきめんだと思います。

代わりにいつも以上に後ろをついて回って、部屋からいなくなると悲し気な声で鳴くようになりました。鳴き声は気になりますが、これもしばらくの間だと思います。

犬や猫はだいたい8か月程度で大人の仲間入りをするのでそのあたりで性格が決まってしまいます。生年月日ははっきりしないまでも、モモはそろそろ4~5か月ですから、まさに今のうちに一緒に暮らしていくためのルールをしっかりさせないといけない時期なのです。いつもわいわいやっていたのでこちらもちょっと手持無沙汰な感じですが、これから長い間一緒にいて、いつも暴れていていつも噛みつかれてもいいかと言えば答えはノーなので私自身もそういう対応に慣れていかなければと思っています。

まあ考えてみれば、言葉が通じないのですからいくら声で叱ったところで効果はないんですね。意味不明なこと言われるからモモもイライラしてしまうんですね、きっと。

まだ2日目、この先どうなるのかは未知数ですが、続けてみたいと思います。

  • 白黒ハチワレ猫の「モモ」、サバトラ猫の「ココ」という2匹の保護猫と暮らしています。
    WordPressというツールを使ったホームページ作りをしています。
    ココナラというサービスでWordPressサイトのカスタマイズ・修復・引っ越しなどを受け付けていますので、お困りのことなどあれば気軽にお問合せください。

QR Code

このページはモバイル端末でもご覧いただけます

左のQRコードを読み取っていただくと、このページのURLが表示され、簡単にアクセスできます。ぜひモバイル端末でもご覧ください。

【スポンサーリンク】